八尾市周辺や奈良県で地震に強い一戸建て・注文住宅をお考えに方にネクストホーム竹弘がパナソニック耐震住宅工法による安心住宅をお届けします

基本理念

「木の家に、確かな安心を約束したい」。
そんな願いをこめて生まれた、「テクノストラクチャーの家」。
木と鉄を組み合わせたテクノストラクチャー工法の強さと安心の上に、
パナソニックの技術を活かした心地よい居住環境品質や、
太陽光発電をはじめとする省エネ・創エネなどのエコ性能、
そして、上質で洗練されたデザイン性をプラス。
さらに、メンテナンスやリフォーム体制もしっかりと整えます。

LONG=いつまでも安心して長く住み続けられること
SMART=いつまでも快適に便利にお得に暮らし続けられること

「ロング&スマート テクノストラクチャーの家」は、
あなたの人生と共に、ずっと幸せな未来に続きます。

コンセプトムービー

「ロング&スマート テクノストラクチャーの家」

もっと自由と可能性を

構造に優れた強度を生み出す「テクノストラクチャー工法」は、地震などの災害への安心とともに、建物や住空間の自由なデザインを可能にします。敷地や環境に応じて建物をフレキシブルに。土地や空間を無駄なく活用したい。明るさやゆとりをもっと高めたい。空間構成やデザインにこだわりたい。そんな注文住宅の願いを、木造を理由にあきらめる必要はありません。

明るい3階建てを実現「Mフレーム」

Images

高強度の門型フレーム(Mフレーム)が大空間をしっかりと支えるため、1階をビルトインガレージにし、2、3階を全て窓にしても、十分な構造強度を確保できます。もちろん、精密な構造計算を行い、災害シミュレーションによって、大地震が起きた際に建物がどうなるかも検証しますので、安心です。このMフレームは国土交通大臣により構造強度が認定されているシステムで、費用面でも、鉄骨造や鉄筋コンクリート造に比べて低く抑えられるのも嬉しいところです。

居住空間を広げる「オーバーハング」

Images

2階、3階部分を、1階よりも張り出させるオーバーハング。1階に庭や駐車スペースを確保した上で居住空間を広げることができるので、積極的に取り入れたい手法です。テクノストラクチャーのオーバーハングは、独自の複合梁「テクノビーム」による強靭な造りと、構造計算に基づいた設計で安心・安全。いつ床が落ちるかという心配は不要です。

強度があるから実現できる「斜め壁」

Images

一般に、四角い建物を建てるのが構造的に強いと言われていますが、変形敷地に四角い建物を建てようとすると、デッドスペースがたくさん出来てしまいます。そんな問題を解決するのがテクノストラクチャーの「斜め壁」。

収納上手な住まい「スキップフロア」

Images

収納スペースはできるだけたくさんほしい、でもそのせいでリビングが狭くなるのもちょっと・・・、限られた面積の中で十分な収納スペースを確保するのは、なかなか困難です。そこで最近注目されているのが「スキップフロア」。縦の空間を有効利用して、収納スペースを生み出そうというものです。構造が複雑になっても、強さの裏付けがあるテクノストラクチャーなら安心です。

「フラットバルコニー」

Images

たっぷり日の光を取り入れる事ができ、防犯性にも優れた2階リビングにバルコニーをつなげ、バルコニーをリビングの一部として使う事ができます。室内とバルコニーの境目に専用の部材を使うことで、バルコニーと室内床の段差を解消。テクノストラクチャーなら奥行き3mまで対応可能※。バルコニーの使い方が広がります。

ゆとりと美しさを演出「R壁」

Images

テクノストラクチャー工法では、居室の壁を曲線にすることにより、敷地の有効利用・個性的で美しい外観デザインが可能。条件に合わせて、全面アール型・一部アール型・コーナーアール型の形状バリエーションが、直線的な外観にゆとりを加えます。リビングに曲線のカフェテラスをつくったりギャラリーのようなエントランスを演出したり、暮らしの夢が広がります。

「幅狭(はばせま)耐力壁」

Images

一般的な木造住宅では 構造を支える耐力壁は 600mm以上の 幅が必要ですが、 テクノストラクチャー の幅狭耐力壁は幅300mm・450mmなので、幅600mmに満たない壁も耐力壁とすることができます。奥行きの浅いクローゼット部分で耐力をとることでキッチン前の壁が不要になるなど、狭小間口でも耐震性を確保しながら大空間を実現。室内が広々した空間に感じられます。

テクノストラクチャー工法

木造住宅の弱点とは?

木の強度は縦の力には強いが、横の力には強くない。

昔から日本人になじみのある「木」。木は環境にもやさしく、丈夫で長持ち。それは、法隆寺などの歴史的建築物を見ればおわかりいただけると思います。しかし、木には生育してきた縦向きの力には強く、横向きの力には弱いといった特性があります。つまり、柱のように木を縦向きに使う場合は十分な強度が期待できますが、梁のように横向きに使う場合は、強度が不足しがちになるといった弱点があります。

そこで「テクノビーム」

パナソニック独自の耐震工法
木と鉄のオリジナル複合梁「テクノビーム」

テクノストラクチャーでは、木と鉄を組合わせた「テクノビーム」を採用。通常の木の梁と比べるとたわみが少ないので、長い年月が経過した後も、梁のたわみからくる骨組み全体のゆがみがおさえられます。さらに地震などの一時的にかかる大きな力に強いのも安心のポイントです。

住宅の要「梁」のたわみ量比較

パナソニックの技術でエネルギー消費をコントロール。

室内外の温度差を調整して換気による冷暖房ロスを抑える「熱交換気システム」や高効率エアコンなど、消費エネルギーの少ない住宅設備を採用。また、「スマートHEMS(ヘムス)」を導入し、回路ごとに電気の消費状況を見える化・データ化して、無駄な電気使用を抑えたり、最適な電力会社や電気プラン選びも可能に。「テクノストラクチャーの家」なら、パナソニックの技術によって、賢くエネルギーマネジメントし、光熱費をセーブできます。

接合金具にも徹底したこだわり

強度が弱まる
一般の切り欠き工法

一般的な木造住宅では、木材を切り欠いて部材と部材を接合します。このため、接合部の木材は部分的に細くなってしまい、その箇所が地震等で割れて建物の倒壊を招く例が多く見られました。

素材の力を引き出す
金具接合仕様

テクノストラクチャーでは木材の切り欠きをできるだけ減らし、木の力を引き出す金具接合仕様を採用。施工者によって強度のバラツキが出ることもなく、接合部での安定した高強度を実現しています。

引き抜き強度も抜かりなく

ドリフトピンによる柱と土台
梁と柱の接合とその強度

地震や風により建物が揺れると、建物上部の揺れに引っ張られて、柱が引き抜かれるような力がかかります。そのような場合に備え、テクノストラクチャーでは、柱の引き抜き強度を飛躍的に高めています。

地震に負けない家づくりを学ぼう!

「構造計算」って何?

「耐震等級3」のすすめ

「構造計算」と「耐震等級3」の家づくり

facebook

お問い合わせ・資料請求

来場予約

(株)竹弘鉄建では、住宅購入・建築に関するさまざまなお手伝いをしております。
ご質問やお問い合わせなどがございましたら、何なりとお気軽にお問合わせください。

0120-678-334

こちらから